記事一覧

同一労働同一賃金の本当の意味とは?

同一労働同一賃金の本当の意味とは?
大手企業は2020年4月~
中小企業は2021年4月~

同一労働同一賃金という法律が改正されることになりましたが、同一労働同一賃金とはどのようなものなのか説明していきたいと思います。

 

大きめの会社になればなるほど社員の他にパート、派遣、アルバイトなどを多数抱えています。中小で社員しかいないところは今回の法律改正は影響は受けません。しかし、社員以外の従業員が沢山いればいるほど会社に与える影響は大きいでしょう。

 

同じ会社で働いているのに社員というだけで給料が違うのはおかしいという事で同一賃金つまり同じ給料にしようという事が今回の同一労働同一賃金という事になります。

 

同一労働同一賃金のガイドラインとは

 

 

派遣業界というのは5兆円規模と言われています。そして尚且つ17%平均で成長を続けています。


派遣社員は今までどんなに能力があろうと、会社に貢献しようと経験が長かろうと簡単には時給が上がらないシステムでした。

 

同一労働同一賃金のガイドラインによると能力が上がればそれに見合った賃金を支払いなさいよ。という事なので派遣社員にとっては今までよりも待遇が良くなる方向に向かうでしょう。

 

正社員というのはかなり法律で守られていて頑張りに応じた昇給やボーナスはたまたポストが与えられてきたわけですが、派遣社員にもそれと同等の待遇を与えなさいという法律になります。会社もそれに準拠しないといけなくなります。

 

今まではただ派遣社員というだけで冷遇されていたわけですが、これからは社員との格差が埋まる法律と考えて良いでしょう。

 

会社にとって使い勝手が良かった派遣社員は今後は能力によって高い給料が期待できる。

 

派遣会社と派遣先の会社でどのような変化があるのか?

 

今まで仮に1人派遣先に人材を送り込んだとして、

 

派遣社員の時給が1200円だったとします。

 

仕事の能力が上がったから時給を上げなくてはいけなくなります。

 

その場合、派遣会社と派遣先の会社が話し合いをしなくてはならなくなります。

 

今までは派遣会社が2000円貰っていて、800円を差し引いた1200円を派遣社員に払っていたわけです。その際に差し引いた800円が会社の利益になります。

利益を取るかわりに仕事先を紹介しますよというのがこれまでの派遣会社でした。

 

しかし、何年も働いて経験値が上がっても入社してから仕事がだいぶ出来るようになってからも時給が上がる事がなかったのが派遣社員の待遇でした。つまり入社時1200円であったなら3年経っても1200円のままです。

 

これが時給1300円に能力が上がった派遣社員に払うとなると、派遣する会社に交渉しなければならなくなるでしょう。この場合、派遣先がOKを出せばすんなりいきますが、NOと言った場合ややこしい話になります。

 

派遣会社はあらかじめ会社の利益を計上した上で派遣先に交渉しますが、場合によっては派遣会社が利益を削って派遣社員の時給を上げなくてはならなくなる場合もありそうです。

 

大手の派遣会社と中小零細の派遣会社で大きい差が生まれる!?

 

 

この同一労働同一賃金のスタートが大手が今年の4月から始まります。大手の場合、多くの人材を送り込んでいる場合がほとんどですからスキルの上がった派遣社員の交渉をまとめて行う可能性があるでしょう。

 

大手の派遣会社は資金力もありますし、より多くの人材を確保していますから派遣先と交渉しやすいでしょう。

 

仮に時給アップを拒めば育った人材を失ないますし、その会社に同じ派遣会社から多くの派遣社員を雇っていた場合、その会社から大量に撤退される可能性もあるでしょう。

 

そういった意味で大手の派遣会社は待遇を良くすることで人材を繋ぎ止める事にもなりますから悪い法改正ではないかもしれません。

 

一方、中小零細の派遣会社の場合はどうでしょう?

 

大手よりも1年先の2021年4月からとガイドラインで定められていますから、この1年が正念場となりそうです。派遣会社の中では同一労働同一賃金という法改正によって撤退する会社も出てくるかもしれません。

 

「時給を上げなきゃいけないんだったら契約打ち切りで良いよ」

 

と派遣元に言われたら派遣会社は1つの派遣先を失うことになりますから、大変でしょう。

 

派遣社員から正社員登用の流れが増えてくるかも

 

 

派遣社員であっても正社員と同じような待遇にしなければならないガイドラインですのでそれに従わなくてはなりません。

 

しかし、現段階ではガイドラインに違反した場合の罰則規定も発表されてませんし、実際にスタートしていませんからこの辺りは憶測になってしまいますが、正社員と同じような待遇をするのであれば、いっそ正社員として雇い入れる流れというのも増えるのかなあと推測出来ます。

 

この場合、派遣会社は人材を失うことになりますからタダで渡す訳いきません。ですので、1人辺り20万~30万位の紹介料で手を打つという形も増える可能性があります。

 

総評

実際には同一労働同一賃金というのが適用されてからでないと何とも言えない部分が多くありますが、このように法改正が行われることが決まっていますから、派遣会社や派遣社員で働いている人は大きく影響があるでしょう。

 

ただ、大手の派遣会社はこの同一労働同一賃金という法律を守れても、中小零細は守りきれないのではないのかな。。と思ったりしています。

 

人材や派遣先の少ない零細企業は罰則規定がない限り守らない可能性がありますし、スキルを必要としない単純作業や期間だけ募集する短期の派遣先にシフトしていくのかな、と思ったりします。

ファミリーマートの大規模リストラからみる終身雇用制の崩壊

ファミリーマートの大規模リストラからみる終身雇用制の崩壊

2019年11月にファミリーマートで働くの40歳以上の社員を対象に800人の早期退職者を募集したという。蓋を開けてみれば予定していた800人の2倍近い1500人の早期退職者が殺到したという。

 

このリストラを理解するにはコンビニ業界全体を把握する必要があります。コンビニ業界というのはこれまで右肩上がりの成長を続けてきました。

 

しかし、2017年辺りから横ばいの収益になっています。

 

ちなみにファミリーマートは500億円の黒字企業です。

 

コンビニ業界の縮図は20年位前は色々ありましたが、吸収合併されたりで3社が90%のシェアを持っています。

現在全国55,000店舗程度あり

 

セブンイレブン 36%
ファミリーマート28%
ローソン 25%


 

このように3社による熾烈な攻防が展開されているわけですが、コンビニ店舗数は2017年から頭打ちになっていて飽和状態にあると言われています。ピークを過ぎまさにこれから衰退をたどろうとしていると言えます。

 

リストラをする企業は変わりつつある

 

 

過去に大規模リストラを行った企業はほとんどが倒産寸前の赤字だった。しかし、最近はこの傾向が変わってきています。

 

現在黒字経営でも先を見据えて元気なうちに手を打っておこうとリストラを行う会社が増えていると言います。

 

つまり、現在ピークを迎えて伸び悩みの傾向が見えているのなら先行きは衰退なので早いうちにリストラして身軽にしておこうというのが、この早期退職者を募集する理由です。

 

コンビニ業界は厳しい競争を強いられています

 

コンビニと言えば24時間365日やってる便利なストアということは誰もが認知しているところです。お腹が空けば弁当を買えば良いし、雑誌を読みたいと思えば買いに行けます。ATMでお金を引き出す事も出来ますし、荷物も送る事が出来ます。

 

そんな当たり前のようにあるコンビニですが、最近ではドラッグストアーなどによって熾烈な競争が行われているようです。

 

コンビニとドラッグストアーはカテゴリーは一見違うように感じますが、被っている部分は多いです。

 

いまやドラッグストアーは薬はもちろん化粧品からお菓子、冷凍食品や飲料まで揃っています。しかも、コンビニよりも店舗スペースが広いので品揃えも豊富です。冷凍食品にしてもお菓子にしても多くの種類を販売することが出来ます。

 

しかも、見過ごす事が出来ないのが価格の問題です。コンビニはほとんどの商品が定価で売られているのに対してドラッグストアーではスーパーと同じような価格で販売しています。ものによってはスーパーより安いです。

 

このドラッグストアーの進出によってコンビニは厳しい戦いになっています。ドラッグストアーになくてコンビニで扱っているのは公共料金の支払いやATM位なもので価格でも品揃えでも敵わない訳です。

 

しかもこういった業務は付帯業務なのでこれがメインではないですからね。

 

会社に尽くしてもリストラされる時代です

 

終身雇用制の崩壊はすでに始まっている事は周知の事実です。戦後右肩上がりの経済成長していた時代とはそもそも違うという認識が必要です。会社に一生懸命尽くしても捨てられる時代なのです。

 

会社の寿命もどんどん短くなっていますし、大企業といっても長く勝ち続けるのが難しくなっています。終身雇用出来るほど安定していませんし企業体力がないのです。

 

会社にとって一番大きいのは人件費の負担です

会社にとって負担が大きいのは人件費です。ですから人件費を削る事で出費を抑える事が出来ます。だからリストラを行うわけです。これから厳しい状況になると予測出来れば大規模なリストラを決行します。

 

しかし、日本において正社員というのは法律で守られていますので簡単にはクビには出来ません。ですので、社員が自主的に退職するような施策が今回のようなファミリーマートの早期退職者を募集ということになります。

 

今回はファミリーマートの早期退職の募集は予想を上回る社員が殺到したという事ですが、経営陣だけでなく、会社やコンビニ業界の先行きを不安視した社員が早期退職を願い出たということでしょうね。

 

予想を上回る退職者に対し経営陣は「忠誠心が足りない」と言っていたとか。。

 

いやいや、募集したのはあんたたちでしょ?

 

と言いたくなりますが、まぁ勝手なものです。

 

500億円の黒字会社がこのような状況なので今後は早期退職者のニュースは増えるかもしれませんね。

 

サラリーマンは会社というものの認識を考え直した方が良い機会

 

親の世代であれば1つの会社に勤めあげるという事が価値観であったし正解な身の振り方と言えたでしょう。毎年昇給がありポーナスも年2回しっかり貰え退職金もある。終身雇用制というのはこの時代だから出来ました。

 

しかし、現在は時代の流れが目まぐるしく、大きい会社でも勝ち続ける事は難しい時代です。それに会社自体が窮地をしのいだとしてもサラリーマンである自分はリストラが降り掛かってくる。そんな時代なのです。

 

昔の価値観で生きていたらあっという間に取り残されるサバイバル時代に突入したと言えます。

これからは情報収集力と質が問われる時代です

これからは情報収集力と質が問われる時代です

インターネットが普及してからはそれまでとは世に飛び交う情報の量がまったく違います。

 

誤った情報を取得してしまうリスクの低いメディアは本です

 

 

インターネットの情報というのはスピードが最大のメリットですが、正しい情報と誤った情報が混在しています。つまり、正しい情報を得るには検索する人が取捨選択する必要があります。

 

なぜ、本が情報収集に適しているかと言えば100%ではないですがネットに比べたら精度は高いです。

 

本が正しい情報を得られる理由は誤った情報を載せてしまうと「間違った情報を載せやがって」と批判を受ける事になります。本の内容がデタラメであると分かればその著者は次に出版することが出来なくなります。

 

また、出版社もいい加減な本を出版した責任がありますので、会社としての信用を損ないます。あそこの出版社が出す本はいい加減だ!なんて烙印を押されたら他の出版物も疑われます。

 

インターネットの記事とは違い削除することが出来ません。ずーっと、現物として残ってしまいます。世の中の目にさらされ続けますので、著者も出版社も2重、3重のチェックをしてから出版されるので誤った情報は出にくい事が分かります。

 

本を出す人ってほとんどがその道の権威やプロが身をもって経験したことが書いてあります。

出どころもしっかりとしている点も情報として信頼される。

 

ブログは情報の寄せ集めであることが多い

 


 

体験したことがない事でも調べればある程度それなりに記事を書けてしまうのがブログの良さです。

 

検索すると類似記事が多数散見されるので、どなたかの記事を真似て作成している人が多いのかもしれません。

 

本来ブログというものは自由に個人が情報発信出来る楽しいものですが、正確性には疑問符がつく場合もあるので閲覧する方も話半分に読んで楽しむのが良い使い方と言えるでしょう。

 

正確性に秀でる本ですがデメリットもあります

 

本は原稿を書いてから世に出るまで3ヶ月掛かると言われています。世に出るまでに校正や出版社などチェックして、大丈夫となって始めて本屋さんに並ぶので情報のスピードという点では大きく劣るでしょう。

 

情報が正しいか判断するのは自分自身です

人に聞いたり出来る内容であればそれで解決することは多々ありますが、知人友人が知らない情報を知りたい事って少なくありません。

 

情報量が増えると溺れてしまう人達もいる

溢れる情報を目にして生活していると何が正しいのか、どういう情報を取り入れれば良いのか分からなくなります。

 

ですが、自分の必要な情報だけ取り出せば良いのですが、余計な情報に踊らされる事も少なくありません。溢れる情報の中でも必要な情報だけを取り出すということが難しいという人もいます。

 

それは、必要な情報だけを取り出すという事は他の情報を切り捨てる事が出来ないと無理なわけで、経験と考え方によって個人差が生まれてしまう部分です。

 

必要な情報だけ取り出せればこれほど生きやすい時代はない

 

 

一昔前のネットがない時代であれば情報は環境によって左右されていました。環境は周囲の人間関係となりますが、近しい間柄の情報によって大きく変わってきます。

 

つまり、情報や考え方が狭い人間関係に関わっていれば必要な情報は得られない事でしょう。

 

もちろんメディアや本といったもので情報を補う事が出来た訳ですが、今とは情報の量がそもそも大きく違うでしょう。

 

時代は更に進化しAIに仕事を奪われる時代が来る

タクシーにしても他の運送業もしかり近い将来はAIを駆使した自動運転が主流となっていくでしょう。AIが台頭するのは運送業に限った話ではなく、オフィスワークやライン作業のような工場系にも浸透していきそうです。

 

もちろん初めは全ての企業がAIをすぐに稼働させる事はあり得ないかもしれません。

AIの技術力を頼ることが出来るのは資金の豊富な大企業に限られるでしょうし、すぐにAIで埋め尽くされて我々の職が奪われる。。ということはないでしょう。

 

しかし、5年、10年の間に色んな企業が導入出来るようになるのは間違いないです。その頃には人間と比較しても、正確な仕事を行う事が出来るAIが会社にとってもコスト減になるでしょう。

 

そういった意味では高い人件費を掛けて雇うよりもAIに頼った方がメリットが大きい。

AIは正確に仕事しますし、人間のように間違いをしません。

 

高い求人広告を払う必要はないですし、文句を言ったり辞めたりすることもありません。それにAIには労働基準法もありませんから、24時間365日休むことなく働き続けてくれます。

 

これが導入出来る資金力があればどの経営者も人からAIに切り替えようとするでしょう。

 

AIに埋め尽くされる職場とそうでない職業があります

 

 

AIが導入しにくいのは人ではないと難しい業種です。例えばカウンセラーなど人の話を聞いて癒しを与える職業などはAIの導入は難しいかもしれません。

 

例えば工場などの製造業は最も普及率が高いです。24時間365日働き続けてくれるAIを導入すれば飛躍的に生産性は伸びるでしょう。AIを導入しないとデメリットばかりという時代がやってきます。

 

製造業だけでなく正確さが要求される業種はすべてAIが台頭してくるでしょう。必要なのはそのAIを監視する人間やメンテナンスが出来るに限られるでしょう。

 

AIが導入された時のイメージとしては、ガソリンスタンドがセルフになった感じでしょうか。昔、ガソリンスタンドは多くの人が働いていました。

 

給油はもちろん、おつりや灰皿や窓拭き、車検時期の確認やタイヤチェックの声かけも従業員が行っていました。それがセルフになってからというもの監視する人が1人いれば十分になりました。まさに、感覚的にはそういう感じです。

 

いずれ大リストラ時代がやってくる

 

企業がAIを導入して本格的に稼働を始めれば今まで働いていた多くの従業員は解雇される事になるでしょう。これが大規模な解雇劇になります。無駄な人件費を使うよりもAIを導入した方がメリットが大きいからです。

 

企業側も時代の大きなうねりに取り残されないように必死です。従業員の生活の事など考えてる余裕などありません。

 

AIを導入しなければライバル会社にあっという間に出し抜かれてしまうでしょう。AIが多くの企業に導入される際のリストラは過去に例をみない程の大リストラになるはずです。

 

そうなる前に対応策を考えておく必要があるでしょう。悠長に構えていては変革期に飲み込まれてしまいます。

 

過去にあったリストラと比較にならないほどの多くの企業で行われます。そうなってからでは遅すぎるのです。あっという間に家族共々路頭に迷う可能性だってあります。

「家のローンは?」

 

「子供の学費は?」

 

「家族を養っていけるのか?」

 

など、心配は尽きないでしょう。

 

唯一の救いはAI導入までまだ時間があることです。今から何かしらの対応をしていけば、まだ間に合うでしょう。

人間関係が苦手と感じる人に共通する思考とは

人間関係が苦手と感じる人に共通する思考とは

 

人が生きていく上で人との関わりが重要と言われています。どんな人でも誰かの助けがなければ生きていけないのが人間です。

 

その重要な人間関係ですが、苦手意識がある場合もあります。それは、幼少の頃から生きてきた中で培われた場合もありますが、漠然としたものまで様々ですが、過去の経験として刻まれたものから何となくといったものも含みます。

 

人間関係が苦手と感じる主なきっかけは何なのか?

 

 

・自分の中でわずらわしさを感じる
・人と接するだけでストレスを感じる
・過去に人間関係のトラブルがあり
・自分がどう思われるか気になってしまう
・ついつい余計な事を言ってしまいトラブルに度々なる
・どんな人間関係でもいずれ人が離れていく
・消極的でうまく人の輪に入っていけない
・いじめに会った経験があり人との付き合いに積極的になれない
・1人が好き
・人見知りが強い

 

まず1人が好きという人も少なからずいます。基本的には1人で行動しますし、誰かと1人で何でも楽しめるタイプともいえましょう。

 

一般的に1人が好きというタイプは精神的に自立しており他人が介入しなくても何でもこなしてしまう。人と付き合う事が出来ないわけではないが、1人でいることを好む人です。

 

一方、本当は仲良く人と接したいけど、なかなか上手くいかない人も存在します。

自分の思いとは裏腹に人間関係が上手くいかないから1人でいるという事が理由としてあります。

 

つまり、

「本当は人と深く関わりたいけど人間関係が不得手で孤独を選ぶ」

ということになります。

 

人間関係にわずらわしさを感じる

 

 

人はみな、おのおの考え方や感じか方が違うので、意思の疎通がうまくいかない事も多々あります。「自分が思うように感じてくれない、思ってくれない」などの理由でわずらわしく感じてしまうものです。

 

人見知りで積極的に人と関われない

人と関わるとき最初はみんな初めて会う人で知らない人です。
相手の性格や考え方などが分からないと、どう接したら良いのか分からなくなってしまうのが人見知りです。

 

人見知りの人は保守的な性格です。人見知りは言い方を変えれば自信のなさの現れです。自信がないから他人の言動に強く影響を受けすぎてしまうのです。ですので、自信を付けていけば人見知りは改善されるものです。

 

人と接するだけでストレスを感じる

これは繊細な神経の人が感じるものですが、人は自分の好きなように言葉を発しますし、行動します。特に人の事などお構いなしの言動をとる人もいます。
そういった人と接するだけでストレスを感じるのはかなり精神的に消耗してしまうでしょう。

 

どんな人間関係もいずれ離れていく

精神的にネガティブな人が陥りがちな思考です。学生時代でも友人関係は変化します。クラス替えや部活などでも変化しますし、人間関係というのは常に流動的です。社会人になっても人間関係が離れたり新たな出会いがあったりするものです。そういった出会いがあって別れがあるものをネガティブに捉えてしまい

 

「どうせいつかは離れていってしまう人間関係など意味がない」

 

と思ってしまい、積極的に人と関わろうとしません。

 

過去のいじめがトラウマになっていて人間関係がうまくいかない

学生時代や社会人になってからいじめを受けてしまい、それが人間に対する信頼感がなくなってしまい消極的な行動を取ってしまう。つまり、人との関わりにおいて自信喪失状態になっていると。

 

いじめというのは受けた方はいつまでも覚えているが、加害者側は数年経てばそんな事をしたのかも忘れてる。

 

そんな理不尽ないじめを受けたのだから心の傷は相当深いものでしょう。

 

人間関係でうまくいかないと悩む原因

 

 

人との関わりにおいてうまくいかないというのは、実は誰しも抱える問題であって、自分だけが…という事はありません。要は本人のとらえかた次第という考え方に行き着きます。

 

つまり、人間関係で悩む悩まないは本人の考え方でどうにでもなるという事です。複雑な人間関係を多く経験するとわかりますが、結論をいえば、人間関係は悩むほどのものではありません。最終的にはこれに行き着くと思います。

 

なぜなら、人はそれぞれ主観があります。それまでその人が生きてきた価値観や性格も影響を受けるでしょう。そんな十人十色である性格をあなたに合わせられる訳はなく、そう考えているとしたらいささか傲慢ともいえるでしょう。

 

もともと、性格や考え方の違うもの同士関わり合うのですから、あなた自身でどこかに着地点を見つける以外に方法はありません。

 

人間関係に悩む人の多くは関わる人間が少ない事が挙げられます

 

仕事も慣れが大事と言われています。最初は何も出来ない状態だったものが、慣れてくると早くこなす事が出来るようになりそのうちもっと効率の良いやり方を発見出来たりするものです。


 

人との関わりも慣れや場数が大事です

知人友人から異性、会社関連や取引先その他の人間関係を洗い出してみればわかりますが、人間関係に悩みがある人ほど関わる人間が少ない傾向にあります。

 

人間関係の悩みに特効薬はあるのか?

 

 

人間同士の関わりは悩みが尽きないものと思っても差し支えありません。それは、各個人それぞれ主観があり、自分の見方、考え方で生きているからです。

 

そんな、人達がひしめき合って生きているのですから、問題や悩みがあって当たり前という事です。つまり、関わる相手が変わってもらうことを考えるのではなく、あなた自身の人間関係に対する捉え方を変える事です。

 

人間関係に悩む人ほど生真面目で四角四面な考え方に陥りがちな傾向にあります。他人と自分の考え方や感じ方が違って当たり前だと思うことです。人間関係を完璧主義に捉えるとこれほど生きにくいものはありません。

 

数多くの人間と接する人ほど

 

「人間関係に悩む人ほど、そんな些細な事まで気にしてられない」

 

といえる事です。

 

言い方を変えれば、人一人の考え方や感じ方にいちいち構ってられない

 

という方が適切かもしれません。

 

特効薬と言えるかどうかは分かりませんが、数多くの人間と接する事で逆に全体像と言いますか、

 

「人間なんてこんなものだ」

 

と、なんとなくではありますが分かってくるようになります。

 

人はどんな人にも主観で物事を判断していますし、違う価値観は受け入れがたいものです。みんなそれぞれ自分を中心として生きているので、なぜ、自分の思うようにならないのか?と考える方がおかしいのです。

 

「何でアイツはあんなことを私に言ったのか?」

 

「何でアイツはあんなことをしたのか?」

 

など悩んでも仕方ありません。

その時にその人の考え方で言ったり行動をしたわけですから。。それについて他人であるあなたが悩む問題ではありません。

 

人間関係に悩む人ほど他人と自分の境界線があいまい

 

 

大人になれば自分の言ったりやったりすることは、他人がとやかく言う問題ではありませんが、自分の言動の責任は自分がとらなければなりません。

 

人間関係に悩む人ほど余計なお節介が多い傾向にある

自分の責任は自分にありますし、あなたが替わりに責任を取る必要もありません。

 

「その人にとって良かれと思った行為がその人にとっては迷惑だった」

 

なんて話は良くある事なので必要以上に踏み込まない事です。

そういったバランス感覚も人間関係では重要です。