カテゴリー:スピリチュアル
念が強い人の特徴と落とし穴

念が強いとは、言い換えればそれだけ思いが強い人とも言えます。

強い思いが邪念を振り払い、目標を達成させたり、思ったことが実現する運の強さという形で現れたりします。

 

念が強い人は生霊を発しやすいとも言えます。つまり、良い意味でも悪い意味でも人に影響を与えやすい特徴があります。

 

念は執念や信念や怨念などから強く思う気持ちを表現しています。念が強い人は何かに向けての意志や気持ちが強くあるということです。

 

念が強い人は現実にどんな特徴があるのか?

 


 

この念というものは頭で考えた気持ちだけではなく、目には見えないですが目標を達成させる力になります。

 

思いには強弱があり、念と呼ばれるまで強くなるまで思いを発すると、それが現実的に何かを引き寄せたり、達成させたりする力になるようです。

 

・思ったことが現実になりやすい
・運を引き寄せる力がある

 

成功者と呼ばれる方は念が強い人が多くいます。特に競争の激しい世界と呼ばれる場所で長く売れている人は念が強い人多く、スポーツの世界も同じでしょう。

人がなりたいと思うような憧れの世界ほど念が強い人が多いです。

 

念が強い人が気を付けたい事

 

 

運気の上下が激しくジェットコースターのような人生になりやすいです!

念が強い人は願いが叶いやすい強運を持っていますが、人生スパンで考えると変動が激しいです。

 

念が強い人の特徴は起業する方に多いですが、失敗して倒産したり、何かをきっかけに繁盛したり浮き沈みの激しい事が多いです。

 

人も羨むような成功を収めたかと思えば、そのあとに大事故に合ったりしがちです。

念が強い人というのは強運を引き寄せますが、その分揺り返しと言いますか、反動も大きいものになります。

 

 

太いゴムで例えると念が強さで運を力で引っ張る事も出来るが引っ張った分、手を離した時に凄い勢いで反対方向に運が逃げていきます。

 

しかし、これだけ激しい人生を送りながらも本人はケロっとしている事が多いです。そんな生きざまを見て、平凡な人生を歩んでいる方からすれば羨ましいと思うかもしれません。

 

念の強さを体得する方法

念が強い人は生まれつきである場合が多いです。その場合、前世で何らかの修行している場合があります。

 

日本では昔から山に登ったり、滝に打たれたりといった修行する者が少なくありませんでした。そういった修行をすると念が強くなり、今世に引き継がれていると言われています。

 

念が強い人達が前世で来世の運を考えて修行していたわけではないと思いますが…

 

又は、前世で武術や剣術、忍術など一心不乱に体得しようとする努力をしたりすると、その成果が念が強くなるという付加価値を身に付けられると言われています。

 

今世で念を強くすることは可能なのか?

前世や今世など気の遠くなるような話になりましたが、今世を生きるのに念が強くなる事が出来るのか?

 

今世でも念が強くする行動はあります。1つの目標に向かって一生懸命努力をすることです。

 

とにかく集中して一心不乱に打ち込むことです。そうした何かをやり抜く行為が念を強くすると言われています。

 

そういった行為はなにも修行という形でなくても、スポーツの世界でも修行と同じような念を強くする行動になります目標に向かって継続的に一生懸命努力するという行動が念を強くする事に繋がります。

 

それは体を鍛えぬく事ばかりではなく技術習得や勉強でも同じ念を強くする行動になります。とにかく集中してやり抜く行為そのものが念を強くするという事になります。

 

念が強い人が最も気を付けるべき点

 

 

念が強いと実現したいことや、思ったことを叶える能力が高いという特徴があります。

念が強い人はネガティブな念を飛ばしやすく、それを受ける側が悪い影響を受けてしまう事が多々あります。

 

念が強い人は良い意味でも悪い意味でも周囲に影響を与えやすいと自覚した方が良いでしょう。

 

念が強い人が見落としがちな落とし穴

 

・自分の主張ばかりを通そうとしていないか

念が強い人は人生において運が強く思い通りになる事が多いです。

うまくいくことが多いとどうしても人間は調子に乗りやすくなります。我が強かったり、思い通りにしようと自分の主張ばかり通そうとするようになります

 

こうなってくると急降下間近です。ワガママになったあなたから周囲に不協和音がなり始めます。自分の意見ばかり押し付けて、人を自分の意のままに動かそうとする傾向があります。

 

実績豊かな会社でも、このような上司がいます。部下を威圧的に動かしたり、取引先に無理をさせたりして、成果を出している人がいます。

 

こうした人は念力に頼りすぎていて、この無茶の反動が自分に思いっきり跳ね返ってきますので要注意です。念が強い人すべてがそうではないですが、マウンティング体質の人が多い傾向にあります。

 

何かしらの運でのしあがった人でもこうした周りに無茶を強いる事で地位をキープしてる人が多くいます。こういう人は人望がない為、運気が下降したら何らかの力が働いて、引きずり下ろされたりしやすいです。

 

そうならないためには、

相手に無理強いをしていないか?
相手が何を思っているか?
相手がどのように感じているか?

 

相手の立場で理解する事が必要です。運の強い人は得てして人の気持ちを軽視する傾向にあります。それが最終的に自分に跳ね返ってきます。

 

総評

よく
「この上司と仕事をするとやる気が出る」
とか
「この人が上司になってから社内に活気が溢れ業績も上がった」
なんて事があります。

 

この場合、上司が念が強く、ポジティブな念を発している可能性が高いです。

 

ネガティブな念を強く発していると自分にも跳ね返ってきます。これが、浮き沈みの激しさの元凶になっているとも言えます。

霊臭とはどんなニオイなのか?

霊が近くにいる時に臭いを感じる人がいます。霊臭はどのような臭いなのか、また、誰でも同じように臭うかなどについて掘り下げようかと思います。

 

霊がそこに存在するとき、目に見えるだけでなく、その場の独特な雰囲気や臭いを感じる場合があります。

 

同じ霊でも感じ方は様々で、臭いで感じる人もいれば、霊そのものがはっきり見えてしまう人もいます。霊感の強い方でも感じ方は同じではないようです。

この記事の続きを読む

生霊に憑かれやすい人の特徴

生霊に憑かれやすい人の特徴

そもそも生霊とは生きている人の飛ばす霊で
人間のネガティブなエネルギーである

 

 

・悔い・未練・恨み・嫉妬・執念・呪い

 

こういったマイナスなエネルギーを受けてしまうことを、生霊に憑かれると言います。

マイナスのエネルギーを飛ばしているので受けた方は悪影響がでるということです。

 

生霊を受けてしまった時の症状

生霊を飛ばす人の性格によって症状にも反映される特徴があります。ですので飛ばす人によって症状が変わってくるので断定することは出来ませんが、マイナスのエネルギーということには変わりません。

無気力症状

何かにエネルギーを奪われて何もしたくなくなる。

情緒不安定になる

生霊の霊障の症状として、気分が安定せずわけもなく不安になったりします。このような症状は霊障でなくても起こりますが、効果的な治療方法が見当たらないことです。

生霊に感情や意識をコントロールされているので、病院で診察を受けて精神安定剤などを服用しても効果がありません。

ネガティブ思考のループ

負のエネルギーを受けてしまうと普段ポジティブな性格の人でもマイナスな思考しか出来なくなります。

体調不良

よく分からない気持ち悪さ、吐き気がする。頭痛、見た目では老けたように見える(目の下にくまができたりする)表情に覇気がないなど。肩こり、背中の痛み、腰痛、歯痛、目の痛みが長く続きます。

 

物事がうまく運ばない

 

生霊の執着からくる怨念は、自己中心的な念からきています。
マイナスな感情が念となっています。あなたが上手くいくことを拒んできます。

生霊とはそもそも「あなたが失敗する事を望んでいる」ものですので、大事な仕事などで偶然のトラブルに巻き込まれて失敗したり、ミスを誘発したりしてきます。

このような生霊は嫉妬の怨念が強いです。この怨念が強ければ強いほど不運の偶然が頻繁します。大事なところで邪魔が入ります。

決断力がなくなる

なぜか物事が決められなくる。決断力がなくなる症状。優柔不断な人のエネルギーを受けた時にでやすい。

大事なことを決められなくなる。進めていたことを放り投げてしまう。

睡眠障害の症状

生霊にとり憑かれていると、眠りが浅くなります。それは潜在意識で生霊に対しての緊張状態が続いているからと考えられています。

 

就寝中に何度も目が覚めてしまったり、頻繁に悪夢を見てうなされることもあります。また、睡眠時間をたっぷりとっているにも関わらず、寝起きがすっきりせず、ぼーっとしてしまいます。

倦怠感が続く

生霊が亡くなった人の霊と違うのは、とにかく1日中だるいという。飛ばしてる人が生きている霊なのでエネルギーが弱まることがないです。念が続く限りは終わりがないわけです。

集中力の欠如

生霊を長期的に飛ばされ続けると自分の意識が生霊に囚われてしまうため、自分という意識があいまいになっていきます。

 

考え方や気力を奪われてしまっているので集中力がなくなります。さらに症状が進むと自分が自分でないような感覚になってしまいます。

不慮の事故が続く

偶然にしては重なり過ぎる不慮の事故は生霊の仕業を疑ってみる必要があります。なぜなら、生霊の目的は相手を破綻させることです。

 

鬱の症状が出る

外出することが出来ずに寝込んでしまう。生霊にとりつかれた症状の中でも重症です。

これらの症状は別々に出る場合が多いですが、負のエネルギーが強い生き霊の場合これらの症状がフルに表れる事も稀にあります。その場合は辛い症状となります。

 

生霊にとり憑かれやすい人の特徴

 

 

精神的に弱い人
人に言われたことをいつまでも気にしていたり、傷つきやすく繊細な人。
優柔不断な人物事を先延ばしにしがちな人。
ぐずぐずして迷いが多い人。
疲れやすい人
睡眠不足の人など生き霊を受けやすい状態と言えます。

・エンパス体質の人

共感力の高い人は生霊に対しても共感してしまう傾向にあり憑かれやすい人と言えます。どちらかというと受け身な性格の人が生霊の影響を受けやすいです。

部屋が汚い人

部屋が汚いと気分が晴れにくくなり負のスパイラルに陥りやすいです。お風呂に入らなくなったり汚いと波動が下がり生霊に対するバリアが弱くなります。まさに負のループと言えます。

 

エンパス体質とは共感力の高い体質の人。直感、霊感が鋭いため、その分悪い影響も受けやすい。
基本的に人の感情を受け入れる体質であるため生霊のエネルギーも受けやすい。

 

 

生霊に憑かれると無気力になり何もしたくなくなります。

生霊というのは生きている人の霊ですのでエネルギーは強力です。浮遊霊などの霊に比べものにならないほど強力です。

 

生霊を飛ばされ続けると、物事を粘り強く取り組めなくなったり、いつも疲れきっていたり、とにかく体を動かすことすら面倒くさくなって外出をしなくなります。

こうなると、普通の社会生活にも支障をきたすようになります。生霊のターゲットになった人はその強いマイナスエネルギーを受け続けることになります。

 

総評

生霊にとり憑かれる事は災難としか言いようがないですが、これを逃れるには、生霊を寄せ付けない生き方や生活に変えるしかありません。

 

生霊に憑かれやすい人の特徴は同じマイナスの波動を持っているか受け止めてくれる人にとり憑くことがわかっていますので、その逆を行けば良いわけです。今までの生き方を変えるのは大変なことですが、出来ることから少しずつやっていけば、生霊を寄せ付けない体質に変えることが出来るはずです。

 

明るく前向きな生き方やポジティブな考え方は生霊を寄せ付けないと言えます。

霊を引き寄せてしまう性質とは?霊感が強い5個の特徴

霊感が強いと何かを感じ取ったり、霊とか見なくていいものが見えてしまうので怖いイメージがあるようです。実際に霊感が強い人はどのような人なのでしょうか?また、霊感が強いことで起こることなどをお伝えできればと思います。

 

人には元々五感が備わっていますが、その五感では感じる事が出来ないのが霊感です。人には第六感というものがあり、この第六感は非常に個人差があると言われています。

 

五感は触覚・聴覚・味覚・視覚・聴覚が備わっていますが、第六感は虫の知らせや嫌な感覚というか、目には見えない特殊な感覚が備わっていると言えるでしょう。

 

この感覚が備わっていれば、危機を回避したり、脱したり出来ると言われています。ただ、この感覚が鋭すぎると、色んなものを受け取りすぎて、気苦労も増えるでしょう。

 

この第六感をコントロール出来れば色んな事を予測したり、制御したり出来ますので、物事をより良い方向に持っていく事が可能になってきます。

 

第六感が備わっている人は、普通の人より感覚が鋭い、言い方を変えれば敏感ということになります。

この記事の続きを読む